生理痛 月経困難と鍼灸
一般的な考え方

婦人の月経前後あるいは月経中に起こる下腹部あるいは腰部の疼痛ひどい時は耐え難いほどの激痛があり月経の周期に沿って起こる。
子宮の発育不全や精神的問題でも起こり、ひどいと顔面蒼白、冷や汗、手足の冷え、悪心嘔吐

過度の子宮前後屈、子宮頚管狭窄、子宮内膜症、子宮内膜増殖症、異所性子宮内膜症など

ここからは東洋医学的な考え方です

生理痛の東洋医学的な原因分類

冷えや水分代謝がうまくいかなくなって起こる生理痛(寒湿凝滞)
冷えてる女性
やはり冷えは大敵です。また、東洋医学では「湿」といって、体の余分な水分があると経絡の流れを阻み症状を出すと考えます。余分な水分は冷えを生み、冷えは余分な水分を生みます。冷たい風に当たったり、冷たいものを飲んだり、湿度の高いところにいたりする事で悪化しがちです。

よくある症状

月経前や月経中の激しい痛み、または冷痛、経血量は少ないことが多く、経血の色は暗紫色になりがち。血塊が見られる。
温めると少し楽になる。

精神的なストレス、イライラや不安が気の流れを悪くして起こる生理痛
(肝欝気滞)
ストレスを感じる女性
イライラや不安、怒りは気の流れを悪くしてしまいます。精神的なストレスを自覚していなくても下記のような症状がいくつか当てはまるようなら気をつけましょう。

月経前の張りがどちらかというと強い。経血量は少ない。血塊、また、胸が張る。生理がスムーズに来ない。
舌に青黒い斑点がある。寝つきが悪い、目が疲れる。よく肩がこる。頭痛がする。

先天的な虚弱であったり過労などで気血が足りなくて起こる生理痛(肝腎虚損)
疲れて元気のない女性
生まれつき虚弱であったり、疲れ過ぎて気血を消耗しているところに出血するので辛くなるタイプです。痛みもありますが重いだるい痛みだったり、腰に力が入らなかったりします。

よくある症状

月経の終わり頃が特に辛い、腰がだるい、腰が痛い、めまいや耳鳴りがしたり精神的に活力がなくやる気が出ない。

鍼灸治療が最も効果的と考えております。

鍼と灸の写真台座灸イメージ
冷え、水分代謝低下による生理痛
東洋医学では(寒湿凝滞)と言って「寒」(冷え)と「湿」(余計な水分)をとる鍼灸治療になります
鍼とお灸を両方組み合わせて使います。特にお灸は冷えにも「湿」にもよく適しています。

ストレスが強い場合(肝欝気滞)
東洋医学は心と体を分けて考えません。心と体をひとつと考えます。
心の状態が体に現れるように体の刺激が心に影響します。鍼は精神的なストレスを軽減する効果があります。
虚弱体質や過労からくる生理痛(肝腎虚損)
疲労を回復するとともに体に活力を与えていくのに適した経穴を中心に選びながら症状の改善を目指す鍼灸になります。

仰向きで必要な時はお腹や(おへそのあたり)手足に鍼とお灸をしていきます。
手足には自律神経を整える重要な経穴(ツボ)がありますので、症状、体質に合わせて治療穴を厳選します。
うつ伏せでの鍼灸ももちろん大切です。
背中だけが開けられる患者着をご用意しております。
うつぶせでの鍼灸イメージ

ここであげているのは大雑把な分類と治療の一例です。実際には上記のものが絡み合い、また別の要素が問題となるケースもあります。
あくまでご本人に合わせた鍼灸治療にこだわっておりますので、ご参考程度に。

骨盤矯正
骨盤矯正イメージ

鍼灸治療には十分骨格と骨盤の調整作用がありますが、指圧整体による骨盤調整を少し組み合わせるとより良い結果が早く出せるケースがあります。
姿勢や骨格に歪みがあると骨盤内の血流が不安定になったり、鍼灸の自律神経調整効果を妨げる恐れがあるからです。
当院では日本生まれの指圧で無理なく骨格と骨盤を調整しています。ボキボキはしませんし、痛みもありません。

快癒のイメージ写真
電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-753-6767