神経痛
当院は多くの神経痛の患者様に喜んでいただいております。

坐骨神経痛
最も相談が多い神経痛です。簡単に言えば腰から始まり臀部から大腿背面を足の裏にかけて走る長い神経です。(足の全面等にも枝を出します)
この神経は長く太く、その走行中で関節の歪みや筋肉の緊張による圧迫を受けやすいのです。臀部の筋肉の緊張をとり腰椎の歪みを調整するとともに、過敏になった神経を鎮静化させなければなりなせん。

三叉神経痛 
「顔面神経痛」と一般に言われたりします。実際には顔面神経は運動のための神経で知覚を司る神経ではないので、痛みを感じるのは三叉神経というわけです。
三叉神経自体の鎮静化が大切です。三叉神経の走行に沿って治療しますが頭部全体の治療をします。こういう方はたいてい頭部や顔面部の治療を気持ちいいとおっしゃいます。
 

後頭神経痛
首の後ろ頭のつけねのあたりから後頭部に広がる神経の痛みなのですが、これは「首がこる」と言って鍼灸院に来られる方が多いです。
首の後ろの筋肉の硬直がある方がほとんどです。筋肉の硬直が神経を圧迫して起こることが多いので首の緊張をとり、首に負担がかからないようにする調整が必要です

舌咽神経痛
咳き込んだりすると痛みが走るというような喉周辺の神経痛です。
首の歪みや自律神経の調整がメインです。
 
 

肋間神経痛
神経に異常な過敏状態であったり、帯状疱疹後の神経痛が多いですが、これは鍼灸が特に効果が良いようです。脊柱近くの神経根を刺激すると効果が高く、即効性があります。

 
柔道整復師、鍼灸師、指圧師は治療の専門家です。(国家資格)
必ずあなたのお役に立てるでしょう。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-753-6767